FX

2007年08月19日

中村俊介・内田朝陽「スピードマスター」試写会

俳優中村俊介が、東京・泉ガーデンギャラリーで行われた主演映画「スピードマスター」(須賀大観監督、25日公開)の試写会に参加した。


かつて無敵を誇る走り屋だった赤星颯人(中村俊介)が封印していたカーバトルを解禁し、ライバルの黒崎勇弥(内田朝陽)と激しいデッドヒートを繰り広げる物語。

中村俊介は「車も映像も音楽も格好いい盛りだくさんの作品です」と紹介。内田朝陽は「スピード感のある楽しい作品になりました」とアピールしていた。ほか蒲生麻由、鮎貝健らが出席。
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年08月22日

香川照之主演&蒼井優ヒロインでカンヌ目指す

俳優・香川照之が韓国映画史上最大のヒットを記録した「グエムル−漢江の怪物−」のポン・ジュノ監督作に主演する。レオス・カラックス、ミシェル・ゴンドリー監督とともにメガホンを執る東京を舞台にしたオムニバス映画「TOKYO!」の一本。
題名は「Shaking Tokyo」で、11年間引きこもりを続ける男(香川照之)がピザ店の配達の女性(蒼井優)に恋をし、勇気を出して外の世界に出ると、東京中が引きこもりになっていたというストーリー。

ポン・ジュノ監督は「日本最高の演技派俳優。『鬼が来た!』『ゆれる』で、強烈なインパクトを感じるとともに、感動を覚えました」と起用を決め、香川照之を想定して、脚本を当て書きした。

香川照之も「俳優なら誰もが一緒に仕事をしたい監督。こんな機会はめったにない」と多忙ながらも、即答だったという。「自分は本来、引きこもり気質。僕自身を出していけばいいかと思っている」と意気込んでいる。

 蒼井優画像
蒼井優画像
蒼井優も「日本を代表する青春スター」という監督の指名で決定。海外の監督との仕事が初めてとなる蒼井優は「映画があらゆる垣根を越えられることを、映画祭などで感じてきましたが、今回はそれを現場で感じられるのでは…と期待しています」と楽しみにしている。

30分程度の短編ながら、ポン・ジュノ監督は撮影準備のため1か月半前から来日するなど「殺人の追憶」「グエムル」での完ぺき主義者ぶりを見せている。映画は22日から都内でクランクイン。ほかの2本と合わせて、来年5月のカンヌ国際映画祭出品を目指す。
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年08月23日

伊藤英明、サブちゃんにビックリ?「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」試写会

俳優の伊藤英明が、東京・有楽町の朝日ホールで行われた主演映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(9月15日公開、三池崇史監督)の完成披露試写会に出席し、三池崇史監督、佐藤浩市、桃井かおり、安藤政信らと舞台あいさつを行った。

サプライズゲストで歌手の北島三郎が登場。北島三郎は「ジャンゴ〜さむらい〜」で23年ぶりに映画主題歌を担当した。「この年になって新しい挑戦ができてうれしい」と笑顔で話した。「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」が29日開幕のベネチア国際映画祭のコンペ部門に出品されていることについて「日本人でもこんな作品ができるんだと世界の人に見せて」とエールを送ると、三池崇史監督は「何かもらいたい」と“賞獲り宣言”した。また第32回トロント国際映画祭(9月6〜16日)に正式招待されたことも発表された。
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年08月27日

松田龍平がインカの謎に挑む!ドキュメンタリー初出演

俳優の松田龍平が、TBS系「古代文明ミステリー 幻のアンデス黄金帝国 インカに眠る謎!」(9月24日・後9時)で、ドキュメンタリーに初挑戦することになった。松田龍平は「自分のためになる」と役者としての成長も含め、壮大な旅に期待を寄せた。

「幻のアンデス黄金帝国 インカに眠る謎!」は、黄金伝説を持つ南米・インカ帝国の様々な謎をひも解くドキュメンタリー。松田龍平は9月1日に日本を出発し、約2週間かけてペルーなどを訪れ、インカ帝国の謎に迫る。映画を中心に俳優として高い評価を得る松田龍平にとって、ドキュメンタリーへの出演は今回が初めて。役を演じるという俳優業以外の顔を見せる異例の場となる。

松田龍平は「旅行気分でというか、遺跡に行きたいと思っても行けない。ぜひ行きたい」と新境地に意欲的。「いろんなとこに行っていろんな人に会って、いろんな事を考えて、どういう経験になるか分からないが、それ以前にひとりの人間として何かになるんじゃないかな」と、役者人生にもプラスになることを確信しての旅立ちとなる。

現地ではかつてのインカ帝国の首都・クスコや、パチャカマ遺跡を訪れるほか、馬やロバを使って8時間かけて移動し、日本では紹介されていない険しい山の中に作られたチョケキラウ遺跡も訪れる。場所によっては厳しい環境の旅となるが「すごい過酷だと思いながらも楽しみ。日常で味わうことのできないつらさ、その裏にどれだけ面白さが秘めているか分からない」と興味津々だ。

現在はアンデス文明について資料を読み勉強中。「どんな文明があってどんな人が暮らしていたか。自分も楽しむためにやりたいと思うので、そんな感覚で単純に楽しんで知ってもらえたら」とメッセージを送った。

◆太陽神殿復元 番組は松田龍平の旅のほかに「15年間にわたるシカン発掘」と「インカの象徴・太陽神殿のCG復元」の3本柱で構成。シカンにはスペイン人の略奪を免れた膨大な量の黄金製品があり、16年に及ぶ発掘の様子を紹介。インカ帝国の源と言われる同文明の全ぼうに迫る。また、太陽神殿の復元では、最新のCG技術を駆使し、500年の時を超えてインカ帝国をよみがえらせる。
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年08月29日

浅野忠信フレグランスブランドのキャラクターに

俳優の浅野忠信がフレグランスブランド「エンジェルハート」の新イメージキャラクターに起用されることになり、都内で行われた記者発表会に出席した。

ポスターでは女性と寄り添う大胆な構図で「初対面でそういうことしなきゃいけなかったけど、香水の力で勇気が出ました」と撮影を振り返った浅野忠信。
商品のファン代表として登場したタレントの澤山璃奈が「中学校のころから(香水の)ファンだった」というのを聞いて「僕らの世代より若い世代の香水。(今年12歳になる)娘はもうすぐそういう事に気を使い出す年だし、(妻のCHARAより)娘の方が合うんじゃないですか」と語っていた。
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年09月14日

浅野忠信&香川照之 決死の山ごもり撮影「劔岳 点の記」

俳優の浅野忠信と香川照之が、富山県中新川郡内で映画「劔岳 点の記」(平成21年公開)の撮影に入った。
明治40年、未踏峰と言われた劔岳への初登頂を命じられた陸軍所属の測量手・柴崎らの挑戦を描く実話の映画化で、原作は新田次郎氏。メガホンを取るのは「八甲田山」「鉄道員」など日本映画史に残る作品で撮影監督を務めた名カメラマン、木村大作氏。最初で最後と宣言する初監督作品だ。
撮影は富山地方鉄道上滝線岩峅寺(いわくらじ)駅に再現された当時の富山駅で行われた。浅野忠信演じる柴崎と香川演じる山の案内人・長次郎が山の調査に出る場面で、歩くだけながら精悍な表情の中に不屈の闘志を醸した。

四季を撮るため20日頃から山に入り来月下旬まで、その後も来年3月から5カ月間にわたり撮影する。大自然と闘う過酷ロケに浅野忠信は「監督に『山へ行って経験するしかない』と言われ覚悟だけしてきました」と無の境地で挑むつもりだ。香川照之も「「芝居をするのではなく耐えられるかだけ。生きて帰って来たい」と決意を語った。
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年09月18日

本木雅弘&竹中直人“暴走”トーク「夜の上海」ジャパンプレミア

俳優、本木雅弘が主演した日中合作映画「夜の上海」(監督張一白)のジャパンプレミアが行われた。日本人と中国人の旅先での恋を描いた恋愛コメディー。
本木雅弘は共演した中国女優ヴィッキー・チャオについて「天真らんまんな彼女の魅力に引っ張られて、金魚の何とかみたいに付いていきました」と笑顔で振り返った。
会見では、本木雅弘と共演の竹中直人が暴走気味?のトークで会場を沸かせた。間もなく第1子が誕生する塚本高史があいさつしようとすると、「もう生まれたの?」と“不意打ち”。これには塚本高史も苦笑いで「もうボチボチ。楽しみです」とコメント。

試写会では西田尚美と和田聡宏、大塚シノブが標的に。和田聡宏と大塚シノブには「上海ではいろいろあったみたいだけど、その後どうなったの?」と交際をにおわせ、ゆったりした黒のワンピース姿の西田尚美には「妊娠してんじゃないの?」と強烈な突っ込み。おなかが膨らんでいるように見えた西田尚美は「そんなわけないですよ」と笑い飛ばしていた。22日公開。
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年09月19日

小栗旬、名探偵コナン再び!制服姿は見納め?

俳優の小栗旬が、日本テレビ系人気アニメ「名探偵コナン」(読売テレビ制作、月曜後7時半)の実写版ドラマスペシャル第2弾「工藤新一の復活! 黒の組織との対決(仮)」(今冬放送)に主演する。昨年10月の第1弾では、薬を飲まされる前のコナンこと高校生の工藤新一を演じた小栗旬が、今回もコナン少年から一時的に新一に戻り難事件に挑む。共演は前回同様に幼なじみの毛利蘭に黒川智花毛利小五郎は陣内孝則が演じる。

アニメ「名探偵コナン」は、天才高校生探偵の工藤新一が、悪の組織に毒薬を飲まされたことで体が小さくなり「江戸川コナン」と名乗り少年探偵として事件を解決していくもの。1996年1月の開始から486回の放送回数を誇り、コミックの売り上げはすでに1億部を超える大ヒット作となっている。

今回の実写版では、コナンが「ミス・ジャパネスク」受賞記念のパーティー会場で、偶然食べたケーキが原因で一時的に新一に戻り、その会場で起きた殺人事件の解決に乗り出すという内容。昨年10月の第1弾は、東京で13・4%、大阪では16・7%の視聴率となり、制作した読売テレビに第2弾を希望する声が多く寄せられていた。

原作者の青山剛昌さんは、その演技力にほれ込み再び新一役に小栗旬を指名。今やすべての作品に主役級で登場する小栗旬だが、昨年10月の実写版が自身のドラマ初主演作でもあった。「また新一をやれることになってうれしいです。前回よりもっと面白い作品になるように頑張ります」とラブコールに小栗旬も即答したという。

新一に毒薬を飲ませ体を小さくした「黒の組織」が実写版で初登場。青山剛昌さんは「ラストの(新一と黒の組織の)対決はボクが漫画で描きたいくらいの出来栄え」と絶賛する。12月には25歳になる小栗旬だが、今回もTBS系「花より男子」フジテレビ系「花ざかりの君たちへ」と同じく高校生となり制服姿で登場。「(制服は)オファーが来る限り開き直って着てやる!と思っていますが、さすがにもう着ないかも…」これが見納めになることもにおわせている。
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年09月23日

上川隆也、こづかい3万円のサラリーマン

俳優、上川隆也が民放の連続ドラマに初主演する10月16日スタートのフジテレビ系「スワンの馬鹿! こづかい3万円の恋」(火曜後10・0)の制作発表が行われた。

上川隆也扮する40歳のサラリーマン、諏訪野大輔が、月3万円のこづかいにあくせくする物語。上川隆也は「会社でも(課長代理と)そこそこ出世してマイホームも手に入れているのに、3万円男…。何も秀でたところがない男です」と苦笑しながら、左手薬指に着けた指輪を照れくさそうに触った。「こづかいが3万円だったら?」と聞かれ、上川隆也は「増やす知恵をもっていないので倹約する。3万円を上回らないテクニックを考える…ってところが、もうスワンになってますね」。民放連ドラ初主演に「責務を感じますが、現場でやることはこれまでと同じ。芝居はきちっとやります」と力を込めた。

一方、共演者にとっても“3万円”の価値はいろいろ。若きIT関連会社社長を演じる成宮寛貴は「お金で買えないものが一番大事」とハートもイケメン。芦名星(あしな・せい)は「今の生活費と大して変わらない」と驚かせ、カフェの店長代理役の劇団ひとりは「ポケット株を買います」と笑わせた。

主題歌は原由子がピアノバンド「風味堂」と組んだユニット「ハラフウミ」の「夢を誓った木の下で」(11月7日発売)
タグ:上川隆也
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年10月17日

佐藤浩市&石田えり“同期”が「風の果て」夫婦役で共演

俳優・佐藤浩市が主演するNHK木曜時代劇「風の果て」(18日スタート、木曜、後8・00)の初回完成披露試写会が東京・渋谷のNHKで行われ、佐藤浩市、妻役の石田えりらが出席した。
 石田えり画像
石田えり画像
藤沢周平の傑作長編「風の果て」のドラマ化。苦労して首席家老に出世した桑山又左衛門(佐藤浩市)の半生を描く。佐藤浩市は「共感できない所は家族を大事にしない事。申し訳ございません」と謝罪し、笑いを誘った。
妻役の石田えりは「旦那さんが夢に向かって努力している姿はカッコイイ。でも、又左衛門は出世のための出世ですから」と理想の夫婦像について語るも「独り身が語っても」と自虐的なセリフで場を和ませた。
1981年に佐藤浩市が「青春の門」、石田えりが「遠雷」で共に日本アカデミー賞新人賞を獲得した“同期”。石田えりは当時を振り返り「30年近い時を経て再会した。相変わらずチャーミングで(髪の)毛もいっぱい生えていて」と話していた。

佐藤浩市は、菅野高至プロデューサーと俳優デビュー作品「続・続事件」で一緒に仕事をした旧知の仲。「27年前に右も左も分からなかったときに、1カ月くらい(ドラマのための)けいこに付き合ってもらいました。こうやってまたご一緒できるのは不思議な気分」とと懐かしさに目を細めていた。
★アイドル女優ニューストップへ★

2007年11月02日

岡田准一主演ドラマ「SP」制作発表

V6の岡田准一が主演する11月3日スタートのフジテレビ系「SP 警視庁警備部警護課第四係」(土曜後11・10)の制作発表が行われた。
 真木よう子画像
真木よう子画像
直木賞作家、金城一紀氏の書き下ろし脚本で、命をかけて要人を守るSP(要人警護官)の姿をアクションあり、笑いあり、サスペンスありで描く。
岡田准一は五感が鋭く、特殊能力を持つ主人公、井上薫役。金城一紀氏とは映画「フライ,ダディ,フライ」(2005年公開)でもタッグを組んだが「(金城氏と)目標はスタンダードになる作品を作りたいねって話していました。やっと実現させていただいたこの作品は僕にとって大切な宝物。これが受け入れてもらえなかったら、旅に出ようかなって思うぐらい、この作品にかけてのぞんでいる」という熱の入れよう。

連続ドラマの主演はTOKIOの長瀬智也とW主演したTBS系「タイガー&ドラゴン」以来2年ぶりだが「視聴率は2年前まで全然関係ないって強がって言っていましたが、今回はいろんな方に受け入れてもらいたいので、視聴率欲しいです」と決意をにじませた。一方、自身は大切なものを守るとき、自分を犠牲にできる?との質問には「男として犠牲にできる人でありたい」とした。
共演は東大法学部出身で上司役の堤真一、同僚の真木よう子など。
★アイドル女優ニューストップへ★
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。